肥満と病気の関係

肥満で病気になる可能性

病気を予防するなら体型から

肥満は、様々な病気になるリスクを高めてしまいます。メタボになっていれば、よりリスクが高くなるので早めに改善していく必要がでてきます。ただし、急激に痩せることは難しいので少しずつ改善していくことが重要です。食事の量を減らしていくだけではなく、きちんと運動をしなければいけません。健康的な体型になれば、病気になる可能性を減らしつつ活発に行動できるはずです。痩せすぎてはいけませんが、肥満を解消するためにできることから始めていけば問題ないです。現在では、医療機関に相談するという手段もあるので、健康状態を改善しやすいです。

肥満の人はメタボに注意

肥満でメタボとなると、病気のリスクが高くなります。この場合、高血圧、高血糖、高脂質のいずれかが加わっている状態なので、単にお腹が出ているから見た目が悪いというだけの問題ではなくなります。放置しておくと命に関わる病気になることもあります。例えば脳卒中や心筋梗塞などは、メタボによって起こりやすくなるものの代表です。これを防ぐには食生活や運動習慣を見直すことが大切です。運動するのは面倒という人は、せめて食事の内容だけでも見直してみましょう。糖質の過剰摂取を見直すことで、改善できることが多いので実行してみましょう。

↑PAGE TOP