パーキンソン病治療

パーキンソン病治療の選択

パーキンソン病治療の選択肢

パーキンソン病は現在も決定的な原因はわかっていない病気の一つですが患者数は非常に多く、脳内のドーパミンが減少してくると発症することがわかってきています。治療も進歩してきておりその中心は薬物になりますが、飲み薬や張り薬も使われるようになりました。また生活の質を落とさない、もしくは良くするためのリハビリテーションも重要です。さらに近年、脳深部刺激療法という外科療法が広まってきておりパーキンソン病の治療はさらに進歩していくと考えられます。

↑PAGE TOP