早めのロコモ対策

若いうちからロコモ対策

心がけておきたいロコモ対策

ロコモとは「ロコモティブシンドローム」と呼ばれる運動器症候群の略称で、加齢によって筋肉・骨・関節等の運動機能が低下する事で、介護が必要になる危険性が高まるような状態の事です。ロコモ対策として必要な事は、適切な食生活(好ましいとされる量でかつ栄養バランスがきちんと取れているような食事内容)・適度な運動・姿勢に気を配るといったことなどが挙げられます。またある程度年齢を重ねてロコモを発症してから対策をするというよりも、20~30代といった若い時期からこうしたロコモ対策を日々心がけていくことが何より重要だと言われ

↑PAGE TOP