皮下脂肪と病気は

皮下脂肪で病気になる

怖い病気になる前に肥満解消

肥満は病気に発展するリスクが高くなります。しかし、脂肪は悪い物とは限りません。ある程度の脂肪は、体温維持や抵抗力の維持など、生命活動には不可欠なものです。ですが必要以上に脂肪をため込んでしまうと、肥満という状態になってしまいます。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。特に内臓脂肪が、生活習慣病に大きな影響を与えることが分かってきました。糖尿病、高脂血症、高血圧などの病気のことを生活習慣病と呼びますが、動脈硬化症や痴呆に発展し得る怖い状況です。運動をするなり食事内容を見直すなりして、適度なダイエットをしましょう。

皮下脂肪と肥満について

動脈硬化や高血圧などの病気につながってしまう肥満には皮下脂肪タイプと内臓脂肪タイプに分けられます。皮下脂肪タイプは皮膚の下にある皮下組織に脂肪がついてしまうタイプのもので、太ももやお尻などに脂肪がつきやすいのが特徴です。一度ついてしまうと落ちにくいという性質があるため、病気になる前にこの脂肪を減らしたいという場合には、食事でカロリーコントロールを行って、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて脂肪を燃やしながら筋肉をつけ、マッサージなどで血行の促進を促すことによって減らすことができるようになります。

↑PAGE TOP