BMIと病気の関係

太っていると病気になる

肥満でどのような病気に

肥満とは、体脂肪が過剰に蓄積した状態のことで、様々な病気を引き起こす原因です。まず、体脂肪が増えすぎるとインシュリンが分泌されにくくなります。そうなると血糖値が上がってしまい、糖尿病のリスクが高くなります。また、肥満になると血圧が上がりやすいため、体脂肪の多すぎる人は心臓病や脳卒中になる危険があります。体脂肪率が正常かどうかを確かめるための数値をBMIといいます。自分の体型が気になる人は、一度計算してみることをおすすめします。BMIが18.5~25が正常とされていますが、もしこの値を超えてしまう場合は、病気になる前に生活習慣を見直しましょう。

BMI25以上を肥満と判定

BMI(Body mass index)とは身長の二乗に対する体重の比で体格指数ともいわれます。身長と体重から BMI=体重kg/(身長m)² で計算することができ、この値が22の時が高血圧、高脂血症、肝障害、糖尿病などの病気にかかりにくいことが分かっており、r理想とする体重である 標準体重=22×(身長m)² で計算できます。また、この値が25以上になると肥満と判定されます。肥満は身体に過剰な脂肪が蓄積した状態で、脂肪の分布により皮下脂肪型と内臓脂肪型に分けられますが、特に内臓脂肪型では糖尿病をはじめとした生活習慣病など多くの病気を引き起こす危険性が高くなるため注意が必要です。

↑PAGE TOP